バニラカビ&バニリンクリスタル

カビ:白い微生物もしくは、真菌のような物質、水分含有量が多いまたは、バニリンの含有量が少ない、適切な処理がされていないバニラビーンズで発生し、拡散します。

かびの生えたバニラビーンズは、違法または不適切なバニラ行為、および詐欺の売主、および/またはバニラが高すぎる湿度の場所で販売されているという証拠です。

科学的にビーンズがカビを持っていないことを保証することができるバニリンパーセントに対する含水量の正確な比率があります。

“バニリンはポッドの中で成熟するベンゼノイド結晶の自然な最終的な表現です。ビーンズをいつ刻むか、そしてそれがどのように販売用に準備されているかによって、長持ちが可能です。また、おいしい濃い香りのよいバニラの匂いによって転用されると、フェノールおよび薬用アルコールの匂いを作り出すことができます。”

例え、きれいにしても、カビの発生しやすさと感受性は通常止めることはできません。乾燥していても、その天然の防御力と分子組成のために、カビは戻ってきます。真空パックしてさらに窒息させると、ビーンズはカビになって花を咲かせ、バッチ全体を破壊します。かびの生えたビーンズは捨てられるべきでです。

一般的に、バニラの会社はよく一時的に安定した状態でカビ豆を売ることができます。そして、購入者が開封後数週間から数ヶ月後に再度カビが発生します。こうなると、購入者は購入後の管理方法が悪かったと思い、販売者を責めません。

カビの発生したビーンズの販売は違法ですが、上記のような方法で販売している業者が多数いることが現在問題となっています。

もし、バニラビーンズのカビを見つけたならば、それを破棄そして/または返品を要求してください。購入の段階で既にカビがあったが、アルコールで消毒されてカビが隠れていた可能性が高いです。

バニラクリスタルにもたまに、茶色がかった白いカビが発生していることがあります、しかし、それは、有効成分の天然濃縮物です。これらは、無害でとても健康的です。

斑点の色と形によって、バニラビーンズのバニリンクリスタルかカビの違いを見分けることができます。

カビはふわふわした綿のような物質で澱粉のような白で、液滴ではなく、毛羽立ちや乾いた漂白性の泡のようなものです。

クリスタルは白/茶色がかった黄色の雨の滴、または優れたマリファナの植物のTHC残渣など、文字通り光沢のあるシャープなガラスのような小さなバニラの「ダイヤモンド」のように見えます。

バニラビーンズが異常に大きな結晶性バニリンを有する場合、それらは装飾のために引き出され、クリスタルが優雅な表面を作ります。それらは、ビーンズの安定性を意味するので、ガラス管またはジャーの中で優れた条件下で数年、さらには10年以上保存可能です。

クリスタルビーンズは大変良い香りがしますが、日が経つにつれて乾燥し、香りと風味が植物の中に詰まってしまいます。しかし、相互作用や抽出がない限り、時間の経過とともに香りが空気中に拡散することはありません。味は皮および種に深くしみ込み、ビーンズおよびクリスタルの中に保たれます。

クリスタル
カビ

MVCはカビがなく、長期保存可能な高品質バニラを保証いたします