バニラについてのよくある質問

MVCオススメのバニラの準備、梱包そして保存方法

長期保存には、グラスまたはプラスチック製の瓶に、湿気を避けて入れておくのがおすすめです。豆があまりにも密集して窒息している場合、真空包装はより高いカビの危険性または単なる風味を損なう危険性を高めます。もし、真空包装する場合は、1パックに入れる量は最小限にし、蜜に重ならないように十分な空間を与えてください。

4トンのトリアージでバニラビーンズ準備するのに、マネージャーの監視のもと5名体制で3日間かかります。7月15日がマダガスカルのグリーンシーズンの始まりであり、10月15日が輸出シーズンの始まりですが、ストックされたバニラは一年中売買されるので一年中厳重な管理が必要です。

“収獲そして管理のプロセスががどれだけ重要かをお分かりいただくために、なぜ十分の呼吸させてあげる事と隔離、そして熱から守るがバニラを美しくし、その状態を保つことがでいるかをお話させていただきたいと思います。朝、太陽の下で天日干しします。そして、ブランケットロールの位置をずらしてロールアップしてクールダウンさせます。この作業を繰り返し行います。午後、湿度が下がるまでバニラをブランケットなどでカバーします。そして翌朝の冷たい乾いた夜の保管の後、再度同じ工程を行います。本物の伝統的なバーボン法と癒やしの結果は素晴らしいです。28〜30%の湿度で、バニラは長く保存することができ、そしてレシピに浸透していく最もおいしい香りを持続し、最終的には、レシピに必須の重要な存在となります。”

収穫後の準備段階では、夜、バニラは湿気を防ぐためにブランケットに包まれ、暗く、ひんやりとした場所で鍵をかけ厳重に守られています。梱包されると、サイズごとにまとめられ、スタッフの手作業で長いカウンターに並べられます。そして、数えた後、焼かれて乾燥させたラフィアとなります。(シンプルなラフィアは、繊維内に湿気がある可能性があるため、脆くて乾燥しているというよりも柔軟になります。)バニラビーンズは、何層にも重なったペーパーワックスの箱に入れられます。風味や香りを損なわないために、入れる際に、十分なスペースを与えることが重要です。

真空シーラーを使用する場合は、設定を黒の場合は8%、赤の場合は10%に設定し、保管用のワックスペーパーでバニラビーンズを少量吸引することをお試しください。 真空圧力が非常に重要である、経験上、中国製は真空力が弱く、バニラ油が不足する可能性があるので、できれば、避けることを勧めます。

ただし、エンドユーザーや流通業者の方は、プラスチック製のふた付きのガラス製またはプラスチック製の乾いた瓶には、最高約1kg程収納する方法がベストだと思います。また、錫製の箱に保管するのもいいかと思います。すぐに使用するのであれば、冷蔵庫の中ではなく、冷暗所や乾燥した場所に密封し、錫や瓶を使用することをお勧めします。真空パックは避けてください。小売店で正しく作られていればコルクは美的ですが、コルクが不適切に密封されたり乾燥されたりして湿ってしまう可能性があるため、バニラビーンズのチューブはプラスチックのキャップだけにしっかりと貼り付けることをお勧めします。真空パッキングを使用しないと、バニラの重さが数グラム蒸発する可能性があります。ほとんどのエンドユーザーの方は何らかの形で真空包装されたバニラビーンズを手にします。しかし、本来は、十分な空間を与えられ、息をしているバニラビーンズが最高の香りを保ちます。SAVAで収獲し厳重に保管されている5年以上10年未満のバニラビーンズでも、今でも収獲直後のような香りがしています。保管方法により品質が変わります。

卸売の発送は、基本的にはプラスチックの包装紙、箱、そして外側を防水シートの袋で包装します。輸出書類も各出荷に含まれています。1箱あたり25kg前後は、マダガスカルに最適化された物流と合法的な公式チャンネルによって発送されます。