グレード、品質、種類

バニラビーンズの仕様、種類と用語

バニラビーンズには等級を定める世界基準が存在しません。弊社が取り扱うすべての種類のバニラビーンズは有機栽培で、放射能、BSE、アレルゲン、GMO、農薬、そして既知のアフラトキシンフリーです。また、世界のあらゆる植物にとって最も労働集約的で微妙で繊細な調製技術となった、手作業で受粉される体制と慣習としてバーボン島から受け継がれた伝統的なバーボン法で栽培されています。特に明記しない限り、我々のバニラビーンズは平均的に、最も普通のトリアージで、14-19cmの長さです。通常、「グレードA」または「ブルボン」と言われます。そして、ほとんどまたは全く割れ目がなく、湿度が約30%であるため、濡れすぎても不安定ではなく、乾燥しすぎても香りや美観を損なうことはありません。

ノワール/ブラック

黒いビーンズの一般的な呼び方。マダガスカルで黒いビーンズはこの呼び方になります。

Gourmet(グルメ)

35〜38%の水分含有量で、ジューシーです。品質的にあまりよくありません。不正な会社によって、水の重量を増すことにより、利益を回避することによってより高いマージンを維持するために使用されていたため、湿度35〜38%でジューシーですが品質が劣ります。グルメビーンズは、生ものを取り扱うように取扱いをすると、ジューシーに見えそして芳香があるように真空パックすることができます。早めの消費が必要です。残念ながら、香りのレベルは多少劣ります。

TK

TKバニラは、バランスの取れたバニリンと水分の比率で、約30%の水分含有量ビーンズで、香りと風味が豊かです。良いバニラビーンズは、老化して乾くにつれて、オフホワイトになり、バニラクリスタルのようなものが表面に出てきます。

ルージュ/赤

22〜25%の水分含有率。輪郭と表面に「キツネ色」の赤が現れ始めます。香りはTKと同じ位です。

とてもドライ

15〜20%の水分含有率。非常にもろくて硬くて縮んでいるが、風味が溢れています。これらのビーンズは、皮膚のすべての毛穴を乾燥させて閉じていて「呼吸する」ことができないため、一見香りが空っぽになっている可能性があります。

グレードA

バニラビーンズには明確なグレードを定めるの基準がありません。それが故に、これはグレードAですと言えば、それは嘘ではありません。質に関わらず、見た目がよく、黒のビーンズをグレードAと言って販売している事例があるのは事実です。ですので、品質を保証するものではないのでご注意ください。

グレードB

バニラビーンズには明確なグレードを定めるの基準がありません。それが故に、これはグレードBですと言えば、それは嘘ではありません。質に関わらず、見た目がよく、茶色のビーンズをグレードAと言って販売している事例があるのは事実です。

Shorts(ショート)

ごく一般的なバニラビーンズです。長さが14cm以下と短いため、通常よりお安くなってます。

Splits(スプリット)

日に当った事や人により割かれたバニラビーンズです。見た目があまりよくない為、通常よりお安くなってます。

Cuts(カット)

形や見た目など不揃いのバニラビーンズです。見た目があまりよくない為、通常よりお安くなってます。

Powder(パウダー)

乾燥した微粉末に粉砕され、そしてより高い表面密度を特徴としています。使い道によっては、吸収率がよく使いやすいとされています。

パウダーデトリタス(抽出された)

これはビーンズの風味抽出された後に販売されている詐欺的なパウダーです。殻やタンニンで、内部にはバニラはほとんど含まれていません。デコレーションの為に販売されているケースもありますが、あまりバニラの事を知らない顧客に販売されていることもあるのでご注意ください。

Caviar(キャビア)

バニラビーンズの内側から削り取られた小さな黒い種です。一番高価なバニラです。キャビアのような見た目からこの呼び方になっています。

シード

高品質で高価格のキャビアもしくは、偽のバニラのスペック。しっかり吟味してご購入ください。

バニリン

ほとんどのバニラマターは、1.5〜2.5%程度のバニリン含有量です。バニリン分子は、5〜10%のレベルで完全に不溶になります。3%を超えるバニリンレベルは、溶媒が少なく、塊状になるので、風味がなくなります。天然レベルを超える高いバニリン含有量を分解するためには、化学的および完全に無機(そしてしばしば有害)溶媒を使用する必要があります。超自然的に高いバニリンレベルを有する天然のバニラビーンは存在しません。生物学的進化により、行われています。